【フラメンコの成立】

フラメンコはカンテ(フラメンコの歌)として生まれ、のちにギターとバイレ(ダンス)が加わりました。ヒターノ(ロマ=ジプシー)と呼ばれる人々がその発生と普及に大きな役割を果たしましたが、この芸術にはユダヤ、アラブ、昔のスペイン中部カスティージャ地方やアンダルシア地方の古い音楽の痕跡も存在しています。

北インド起源のロマ族(ジプシーまたはヒターノのこと)がスペインに到達した時期は、15世紀ごろのアラブ人の降伏やユダヤ人の追放されつつあった時期と一致します。その後、追放されたアラブやユダヤの人々は祖先は異なりますが同じように不安定な立場のロマ族と合流してある種の社会階級が形成されました。

この社会階級の中でフラメンコの原型といったものがつくられていき、18世紀の終わりには表舞台に現れ始め、「ジプシーの芸能」から「フラメンコ」と呼ばれるように変化していったのです。

フラメンコの歌は家族や一族の集まりの場で彼ら自身の悲しみや喜びを表すために歌われていました。 

それは優れた歌い手こそが心の最も奥深いところから伝えることが出来る深い感情です。偽ることなく内から出てくるものでなければならないのです。

19世紀後半、この歌はカディスやセビージャ、へレスといった都市の劇場やショーレストランで聞かれるようになり、このショー化にあわせる形で、ギターやダンスが伴うようになりました。

この時期に伴われるようになったダンスは初期のジプシー的なものから様々な要素を取り込みながら変化していき、グラン・アントニオやカルメン・アマジャといった優れたダンサーの出現を経て今日の私たちが親しむフラメンコダンスへと発展していきました。

フラメンコダンスはかかとを打ち鳴らし、手拍子やカホンを伴い、ギターと歌の伴奏で踊られ、「オレー!」「バモス」「アッサー」「ビバ ラ グラシア」などのステージを盛り上げる掛け声が欠かせません。

基本的には特徴的な手指の動きで踊りますが、時にはカスタネットや扇子、杖といった小道具を用いることもあります。 

フラメンコダンスは伝統芸能でありながら、個性を大切にする特徴から前人の模倣や保存を好まないこともあり、常に変化し進化し続けています。1960年代には歌手カマロンやギター奏者パコ・デ・ルシアがパイオニアとなり、フラメンコの新たな道が開かれました。

この2人のアーティストは新しい方法を取り入れ、フラメンコの芸術としてのレベルを高め、世界中へフラメンコ芸術を広めていきました。

現在では従来のフラメンコ曲で踊る「プーロ(純粋)」とクラシックやアルゼンチンタンゴなどの音楽で踊る「モデルノ(現代風)」といったスタイルが確立され、されなる発展を続けています。また、世界無形文化遺産として登録され11月16日は世界フラメンコデーとされています。

フラメンコ・トリビア

[実力に合わせて自由に選べるレッスン]

最初にお話をしてあなたの実力にあったクラスを一緒に決めていきます。

 

例えば、経験者の方が途中から入会される場合、クラスにスムーズに入っていけるように初回30分の無料レッスンを受けられます。(要予約

見学はどのクラスも自由にしていただけますのでお気軽にお問い合わせください。

company information

岐阜県岐阜市八幡町のフラメンコダンススタジオ・ダンサフラメンカのWEBサイトです。初心者から上級者までレベルに合わせたレッスンを行っています。