フラメンコのトリビア◇心理的効果

【フラメンコ曲】

☆セビジャーナス☆

スペイン南部セビリアで生まれた曲。

ドン・キホーテで有名なラ・マンチャ地方の「セギディージャ」が南部に伝わって、フラメンコ化した音楽とされます。

スペイン南部の春祭りフェリアやロシオ巡礼祭の途次で、華やかに踊られるペアダンス。男女ペアまたは女性同士のペアで踊ります。

日本のフラメンコアーティストの一部には「セビジャーナスはフラメンコではない」と否定する向きもありますが、身体の使い方や手指の動かし方、そして衣装を見てフラメンコでないというのは無理があります。事実、スペインでは「アフラメンカド=フラメンコ化した曲」とされ、フラメンコに分類されます。

◇リズムパターン:3拍子6拍が1コンパス※コンパスはフラメンコ用語で音楽上の一単位。演奏・歌唱・舞踊はすべてコンパスにのっとって演じられます。

◇キー:長調、短調、スパニッシュスケール(フリギア)など、様々な調で演奏されます。

☆タンゴ☆

スペイン南部カディスで生まれた曲。

2拍子であること以外に「コンチネンタルタンゴ」や「アルゼンチンタンゴ」とは共通性を持たないフラメンコのタンゴ。

本場ではホームパーティーなどでも気軽に歌い踊られます。ショーステージでは「フェステーラ」や「ルンベーラ」と呼ばれるアーティストが歌と踊りのパフォーマンスを魅せてくれます。

日本人にもとっつきやすいリズムで人気があり、ダンサフラメンカでは入門者にはこの曲をはじめに教えます。

◇リズムパターン:4拍子8拍が1コンパス

◇キー:基本はスパニッシュスケールでラが主音です。

☆アレグリアス☆

スペイン南部カディスで生まれた曲。

3拍子の明るく華やかな曲です。言葉の意味は「喜び」であり、喜びを表現したいときに踊ります。

女性舞踊とともに発展した曲で、明るい調子で始まり、途中に暗く転調した「シレンシオ=静寂」と呼ばれるパートが入ります。

そして再び明るく盛り上がっていきます。この構成のためドラマチックな印象を与えることが出来る人気の曲種です。

◇リズムパターン:12拍1コンパス

◇キー:長調。特にミを主音として演奏されます。

☆ファンダンゴス デ ウェルバ☆

名前の通り、ウェルバ地方を中心に発展した曲のスタイル。

ファンダンゴというのは3拍子のリズムパターンを指しますが、南ヨーロッパで広がっている民族的な音楽リズムのことです。

このリズムを取り入れた著名なクラシック曲として知られているのが「ボレロ」です。

日本では初級レベルで学ぶことが多い曲です。歌詞の内容はお国自慢的なものが多いですね。

company information

岐阜県岐阜市八幡町のフラメンコダンススタジオ・ダンサフラメンカのWEBサイトです。初心者から上級者までレベルに合わせたレッスンを行っています。また、舞踊団としての活動も行っています。

岐阜フラメンコ舞踊団

https://soy-andaluz.wixsite.com/balletdanzaflamenca

イベントや会合への出演など承ります。