スペインのカスタネット

そう!実は青と赤ではありません。 これは木製の材質に樹脂をコーティングしたものです。 フラメンコでは左手用と右手用があって両手に着けて踊ります。 あるいは楽器としてクラシック音楽に使うこともあります。 現代フラメンコでは主流ではありませんが、リズミカルで楽しい楽しいので個人的には大好きです(^^) ちなみに赤と青のカスタネットは日本で幼児教育用に工夫されたものです。

サクソーレ

音楽公演サクソーレのフライヤーが届きました。 フラメンコとサクソフォンのコラボレーション、楽しくなってきた。

スパイシーなハーブティー

生徒さんからの差し入れ(^^) 私はチャイが大好きなので、すごく嬉しいです。 レッスンの合間に癒されてます。

フラメンコシューズ

女子はパンプス、男子はショートブーツ 激しいステップを支える頑丈な靴です(^^)

主宰エルガトの音楽活動

4月28日夜、スペイン人サックス奏者ホセ カルロス ガルシア ベハラノ氏と千種文化劇場で共演させて頂きます!

フラメンコの故郷

スペインは南のアンダルシア地方がフラメンコの故郷。 地中海を挟んだ対岸にアフリカを臨むこの地は様々な文化と民族が交流したルツボのような地。 フラメンコはそこでジプシーたちが大きく関わって生まれた音楽芸能。 遠く離れた私たち日本人をも惹き付けてやまない。

フラメンコの魅力

それは個性を大切にするというとこと。 それぞれの想いと表現の中で踊る。 大切なのは「自分の印」 私はそんなフラメンコが好きで、その魅力をみんなに伝えたいと願っているよ。

土曜日OLフラメンコナイト

今日はレベルアップした姿が嬉しい日でした! 技術的レベルアップにリズムの遊びを加え新しいジャマーダ。 なかなか良い感じです(^^)v

水曜日夜、マダムも花嫁気分を楽しむ

バタ・デ・コラ....数あるフラメンコドレスの中でもひときわ目立つ華やかな衣装です。 なにしろ、ウェディングドレスかと思うほどに裾が長い。この長い裾を華麗にさばいて踊る。 かなりの技術と体力と身体能力が必要です。 水曜日の19:00はこのドレスでカーニャというフラメンコでも格調の高い曲を踊ります。

水曜日は小学校でフラメンコレッスン

毎週水曜日は岐阜市の聖徳学園大学附属小学校のアフタースクールで子供たちにフラメンコを教えています。 そして発表会で練習の成果を披露しています。 一生懸命に取り組む子供たちの姿はかわいいし、次世代への期待もかんじます♪

フラメンコで艶ある女になる

土曜日の夜はOLたちが集う非日常のフラメンコのひと時。 土曜日19:00~はダンサ・フラメンカの主力メンバークラスの一つです。 今、教えている振り付け曲は「タンゴ デ マラガ」。哀愁あるメロディが気分を悲劇のヒロインへと高めます。 ☆2015年ワールドフェスタ岐阜(メディアコスモス特設ステージにて)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

company information

岐阜県岐阜市八幡町のフラメンコダンススタジオ・ダンサフラメンカのWEBサイトです。初心者から上級者までレベルに合わせたレッスンを行っています。また、舞踊団としての活動も行っています。

岐阜フラメンコ舞踊団

https://soy-andaluz.wixsite.com/balletdanzaflamenca

イベントや会合への出演など承ります。